恋愛の基本

キスしたいだけというのは、真の恋路ではない

キスしたいだけというのは、真の恋路ではないと感じます。また、500万円以上するような車を買ったり人気ブランドのバッグを使うように、周囲の人に見せびらかすために交際相手と行動を共にするのもきちんとした恋ではないと思います。
なにも生真面目に「出会いの時やところ」を洗い出すなんて、無意味なことです。「どう考えても振り向いてもらえないだろうな」と思われるビジネスシーンでも、思いがけず新しい恋路に発展するかもしれません。
「交際相手ができないのは、私がイケナイの?」。そんな大層なことではありません。よくある例としては、出会いがない定常的な日々を暮らしている人や、出会いを実現するために大事なサイト選定を読み誤っている人であふれているだけの話です。
宿命ともいえるパートナーは、あなた自身が弛みなく引きつけないままだと、手にすることは無理だと思います。出会いは、探し求めるものだと思います。
どんだけ軽い感じでできるかどうかが重要です。恋路テクニックを学ぶだけではなく、悟られずに演出する「天才女優」の演技を続けることがハッピーエンドへの得策です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です